発足の経緯及び歴代・代表挨拶

第4回大会に向けて


   この度、近畿大学学生フォーミュラプロジェクトのプロジェクトリーダーに就任させ
  ていただくことになりました木津志基です。2005年度はシャシー製作という形で活動に
  参加しておりました。現在はマシン完成予定を4月初旬に設定し、チーム一丸となって設
  計・製作に取り組んでいます。
   昨年9月に行われました第3回大会では、ブレーキ試験で後輪がロックしないというト
  ラブルが発生し、好タイムが期待されていたアクセラレーション競技やその他2つの競技
  に出場することが出来ませんでした。
   日本自動車工業会 会長賞等、栄誉ある表彰をして頂けましたが、総合成績では19/45位
  という結果となり、大変悔しい思いをしました。今年こそは総合成績での表彰台を目指
  すことを、チーム全員で誓いました。

   2006年度のマシン KFR-03は、KFR-02で判明した問題点を修正し、徹底した軽量化に重   点を置くことで設計期間を短縮することとしました。それによって大会前に十分な走りこ   みを行い、ドライバの育成に力を入れて万全の状態で第4回大会に挑む次第であります。

   これからも近畿大学 学生フォーミュラプロジェクトをよろしくお願いします。


 平成17年9月
’06チーム,プロジェクトリーダー 木津 志基