発足の経緯及び新代表挨拶

チームの目的及び発足の経緯


      近畿大学理工学部 Formula Projectは、最初にProjectを立ち上げた機械力学研究室に
    自動車技術研究会が加わった合同プロジェクトチームとして、2003年4月より活動を行っ
    ております。JSAE(日本自動車技術会)主催の「全日本学生フォーミュラ大会〜もの
    づくり・デザインコンペティション」への参加を共通目的としています。機械力学研究室
    で車両の重要な基本コンセプト・車両緒元・車両運動性能に関わる部分を理論的に詰めて
    いき、研究会で車両の製作・ドッキングや、エンジン周りを担当し、大会に向けて活動を
    進めていっております。
「全日本 学生フォーミュラ大会」とは、学生たちが企画・設計・製作したフォーミュラ スタイルの車を持ち寄り、ものづくりの総合力を競う大会です。大会では、車両コンセプ ト、設計、コスト分析及びプレゼンテーションを競い、安全に関する厳格な車両検査を行 ったうえで、走行性能を競います。
私達の活動目的は、モータースポーツが一般に認知されているようにただ速く走るクル マを製作するという事だけではありません。モータースポーツは自動車テクノロジーを極 めるものであり、自分達でモノ作りを行うことにより、技術の理解を深め、実践的な能力 を養い、高めていく事にあります。
「走る、曲がる、止まる」クルマの基本性能をきっちりと仕上げていく体制の構築・技 術の基礎を構築する事においています。チームとしての最終的な目標は、数年後には日本 ・アメリカでの両大会を制覇できるチームになる事ですが、何事も基本を一つ一つ積み重 ねていくが大事と考えております。また、私が大学に入学した当初に比べて、年々学生の 元気がなくなっていくにように感じられる本大学に、私達が活発に活動を行なっていく事 で少しでも活気を取り戻せたら幸いであると考えております。
最後に、全くのゼロからのチーム立ち上げに関し、私達のチーム活動趣旨に賛同して頂 き、ご支援・ご指導、アドバイスを頂きました、スポンサー企業様、近畿大学理工学部の 諸先生方、大会の企画・運営関係者様、他大学のフォーミュラチームメンバーの皆様に感 謝致します。皆様のご恩に応え、大会で元気に走り回る私達のマシンをお見せする為にも、 メンバー一同頑張って活動を続けていきます。


 平成15年4月
’04チーム,プロジェクトリーダー 寺田 宗功